サービス内容

研究成果の一つでもある「微表情トレーニング」やセミナーのご紹介します

表情心理分析オンラインコース

はじめに

空気を読むを科学する研究所のコンテンツをオンラインで受講して頂くことができます。コース名は、表情心理分析オンラインコースです。本コースは、2014年より弊社で実施して参りました各種コースのコンテンツをバージョンアップし、オンライン向けに収録したものとなります。コースの概要は次の通りです。

コンテンツ

本オンラインコースの核となるコンテンツは以下の3編です。表情分析の有資格者(認定FACSコーダー)であり、指導・実務実績豊富な講師が、表情に関する重要理論及び実践的な活用法を豊富な動画・静止画を用いてお教えします。

表情心理分析オンラインコース【理論編】
表情から心理を推測するための土台となる知識とスキルの習得を目指したコンテンツです。
表情分析の研究において世界で最も影響力のあるFACS(Facial Action Coding System:顔面動作符号化システム)の知見及びFACSを用いた実験結果をもとにしたコンテンツを学んで頂きます。※1
理論編の内容をもっと詳しくご覧になるにはこちら。。。
>>【理論編】のUnit1を体験する<<
表情心理分析コース【ビジネス実践編】
顧客や交渉相手の心理を表情からリアルタイムで推測し、適切なアプローチが出来るようになることを目指したコンテンツです。感情は行動の準備です。相手の感情がわかれば、相手がどんな行動を望んでいるのかが推測しやすくなります。感情心理学の理論とビジネス経験則を駆使し、ビジネスで直面する問題のアプローチ法について学んで頂きます。
ビジネス実践編の内容をもっと詳しくご覧になるにはこちら。。。
>>【ビジネス実践編】のUnit1を体験する。<<
表情心理分析コース【ウソ検知編】
言動・文脈不一致、微表情、感情抑制・認知負担のサインとシグナル、信頼できる筋肉、ベースライン比較という5つのポイントからウソを推測するスキルを磨きます。正しい科学的知識と実践プラクティスを通じて、受講生のウソ検知力を引き上げることを目指します。
ウソ検知編の内容をもっと詳しくご覧になるにはこちら。。。
>>【ウソ検知編】のUnit1を体験する<<

表情分析や感情心理学について予備知識のない方は、【理論編】【ビジネス実践編】【ウソ検知編】の順で学習されることを推奨します。 予備知識のある方は、【ビジネス実践編】【ウソ検知編】から学習し、必要に応じて【理論編】に戻る方法を推奨します。 また、以上の3編以外にも、継続的な学びをして頂けるように各編の第二弾や表情心理分析に役立つ知識を習得する【知識収集編】、科学論文の内容について精査する【ディスカッション編】、上級分析者のためのコンテンツ【FACSコーディングプラクティス編】、ちょっとした息抜きのためのコンテンツ等の配信を不定期で予定しています※2。

※1 FACSマニュアルそのものをお教えするわけではありません。FACS自体を学ばれたい方は、学習相談に応じます。別途、ご相談下さい。
※2 様々なレベルの方々が受講されるため、オンラインコースのコンテンツに関わるご質問やご相談に個別対応することが出来ません。ご質問やご相談は、オフ会の機会や個別指導を利用して下さい。

特徴

ライブコースとは異なるオンラインコースならではの特徴を紹介します。

ネット環境があれば、いつでも、どこでも、繰り返し視聴できる
「遠方に在住なため定期的なライブコースに来られない。」「ライブでのコース日時だと都合がつかない。」「コンテンツを繰り返し学びたい。」「表情分析を今すぐ速習したい。」そんな希望にお答え出来ます。
オフ会の開催
オンラインコース受講生限定セミナーや懇親会を不定期で開催します。ネットだけでなく、リアルで受講生や講師と交流されたい方やオンラインコースの内容を質問されたい方は、オンラインコース受講生限定のイベントにお越し下さい。オンライン上では難しいペアワークやディスカッションなどを行います。なお、セミナーや懇親会の参加は、別途料金がかかります。

こんな方にオススメ

本コンテンツを実用レベルで使いこなして頂くには真剣かつ継続的な学習が必要です。 「簡単に」「すぐに」「誰にでも」習得できると謳うような、巷によくある心理学を模したコンテンツではありません。

本コンテンツは、真っ当な科学理論と講師の実務経験とを基に作成されたものです。内容を深く理解するには、労力をかけ思考し、ときに書籍や参考文献を読み込み、時間をかけて表情分析のプラクティスをする必要があります。 やる気と根気がなければ、実用レベルに到達する前に学習が頓挫してしまうでしょう。

また、科学であるゆえに、魔法のように問題が即解決するような方法論を提供できるわけではありません。真剣に現実的な目線を持った姿勢で本コンテンツに取り組んで頂ける方に受講をオススメします。

具体的には、次のような問題意識を持つ方に役立つコンテンツを提供させて頂きます。

  • 科学理論に基づく表情心理分析の方法を適切に学びたい方
  • ウソの徴候を感知するアンテナを鋭くしたい方
  • 自己や他者の身を守るために、危険な人物の察知に敏感になりたい方
  • 商談、交渉の場面で相手の隠された感情をとらえ、話の軸や方向性を調整したい方
  • 採用面接、人事面接の場面で適切な人材を見出したい方
  • 組織やチームをマネジメントしていく上で、良好な人間関係を構築したい方
  • 医療(介護)関係者は患者(被介護者)の「言葉にできない感情」をくみ取りたい方
  • 夫婦ゲンカや恋人とのケンカの際に、隠された感情の“危険信号”を捉えたい方
  • 子どもが親に打ち明けられない「いじめ」を見つけたい方

背景

心理学や表情を含むボディー・ランゲージに関心のある方は、様々な書籍を読むなかで表情やボディー・ランゲージがもたらす重要性に十分すぎるほどお気づきになっているかと思われます。 しかし、日本で表情について学ぼうとすると専門書かサブカルチャー系書籍の両極端になってしまい、日常生活で安心して使える知識が得られるような教材はほぼありません。 また最近は「微表情」という言葉も様々な場で散見されるようになり、「微表情」を読みとく必要性が語られるようになってきました。 しかし「微表情」は0.2-0.5秒以下の現象ゆえに、頭で理解しているだけでは到底読みとくことはできません。瞬間的に気づけるようになるまでトレーニングする必要があるのですが、それをサポートしてくれるツールを提供してくれる場もほぼ皆無です。 そこで、表情についてビジネス・日常生活で活用するために必須かつ根幹となる内容を体系的に学び、徹底的な読みとりトレーニングまでカバーするコースを開講させて頂こうと考えました。 大学や公的機関を除いて、日本国内で本格的に表情分析に関して理論と実践が同時に学べるコースは、弊社コース以外ではほぼ皆無です。

講師

清水建二(しみず・けんじ)
株式会社空気を読むを科学する研究所代表取締役・防衛省研修講師
1982年、東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、東京大学大学院でメディア論やコミュニケーション論を学ぶ。学際情報学修士。日本国内にいる数少ない認定FACS(Facial Action Coding System:顔面動作符号化システム)コーダーの一人。微表情読解に関する各種資格も保持している。20歳のときに巻き込まれた狂言誘拐事件をきっかけにウソや人の心の中に関心を持つ。現在、公官庁や企業で研修やコンサルタント活動を精力的に行っている。また、ニュースやバラエティー番組で政治家や芸能人の心理分析をしたり、刑事ドラマ(科捜研の女 シーズン16及び19)の監修をしたりと、メディア出演の実績も多数ある。2017年以降は、活動が海外からの注目も集め、日本国内に限らず、活動している。著書に『ビジネスに効く 表情のつくり方』イースト・プレス、『「顔」と「しぐさ」で相手を見抜く』フォレスト出版、『0.2秒のホンネ 微表情を見抜く技術』飛鳥新社、共著に『同頻溝通:把話說進對方的心坎裡』今周刊がある。

受講料

清水建二の表情心理分析コース【理論編】
半年間レンタル視聴料:50,000円(税別)
清水建二の表情心理分析コース【ビジネス実践編】
半年間レンタル視聴料:20,000円(税別)
清水建二の表情心理分析コース【ウソ検知編】
半年間レンタル視聴料:30,000円(税別)

ご受講の前に

ご受講の決断をして頂く前に、必ずコンテンツのデモをご覧下さい。学習のイメージがわかると思います。コンテンツの内容は高品質だと自負しておりますが、配信映像にテロップを入れたり、凝った演出をしているわけではあませんので、見栄えがカッコイイわけではありません。また、配信映像は、パワーポイントを録画したものを使用し、特別な編集をしているわけではありませんので、ときにノイズが入ったり、雑音が入ることがあり、聞き苦しい場合もあるかも知れません。こうした条件に納得して頂けた場合のみ、お申込み下さい。
コンテンツを体験されたい方は、こちらから【理論編】【ビジネス実践編】【ウソ検知編】の各Unit1を体験して頂けます。

質問対応について

本オンラインコースの内容に関する質問にはお答え出来ません。
ご受講中、コンテンツの内容について疑問が生じた場合、別料金での個別指導をご受講頂くか、あるいはオンラインコース受講生の限定セミナーにて質問して頂くことが出来ます。

相談窓口

オンラインコースの内容に関する質問以外の問題(例えば、映像そのものに発生している問題、映像の不具合など)につきましては、以下の弊社メールアドレスまでご連絡下さい。

メールアドレス:info@microexpressions.jp
電話番号:03-5408-5692
担当:清水

サービスの変更及び中止について

動画コンテンツの内容を予告なしに追加・修正する場合がございます。 本追加・修正は、科学理論の変化や新たな事例の発見・考察に応じて発生し、サービス内容の向上のためになされます。 また、本サービスを中止する場合は、3ヶ月前までに弊社HPを通じて予告します。

著作権について

本コース内で使用している静止画・動画の権利は、株式会社空気を読むを科学する研究所に帰属します。無断転載を禁じます。また、本コースの内容を、有償無償を問わず、商品購入者以外の第三者に、 再複写・頒布・公開することを禁じます。

お申込み

上記事項及び特定商取引法に基づく表示について全て理解及び同意して頂いた場合のみ、ご受講下さい。ご希望のコンテンツをクリックし、ご受講手続きに進んで下さい。

表情心理分析オンラインコース【理論編】


表情心理分析オンラインコース【ビジネス実践編】


表情心理分析オンラインコース【ウソ検知編】